なきつ譚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| TB(-)

男の娘の分類~ジェンダー的視点から~

今回は、Part化している男の娘の構成要素考察とはちょっと違う角度から、色々弄繰り回してやります!
で、なにをするかっていうと、男の娘をそのジェンダー的特徴からいくつかに分類してみようかなと
前置きが面倒なのでさっそく本題に入りましょう!(*´д`*)アハァ
※これはフィクションに登場する男の娘に対するもので、現実世界のそのような人に当てはめることは考慮していません

私は、いわゆる男の娘(+女装属性を持つキャラ)は
A:ストレート男性型
B:クロスドレッサー型
C:トランスジェンダー型
D:性分化疾患型
以上の4つに分類することができるのではないか、と勝手に思っています。
なので、この4つについて順を追って、必要な条件(1.~)と簡単な解説をしていきます(o゜◇゜)ゝ
※男の娘を扱っているので、前提条件として、基本的に身体の性は男です



A:ストレート男性型
1.性自認が男
2.性的指向が女に向かう
3.物語上必要に迫られて女装をすることがある(常時の場合も含む)

例: 宮小路瑞穂(処女はお姉さまに恋してる) 兎月胡太郎(彼女たちの流儀) 白姫彼方(おと×まほ)

解説: 全くのマジョリティの男性だが、やむを得ず女装をしているだけで、本来は男性の格好をしているのが普通で、女性に恋するキャラです。瑞穂お姉さまのように、物語内では常時女装をしているキャラも多いですね。
このタイプに分類できるキャラは、物語の主人公であることが多いです。そして、ヒロインはマジョリティの女性である場合が殆どです。極稀に、このタイプに分類できるキャラでも性的指向が男に向かう場合もあるように見えますが、その多くが向かう先は男の娘です。そして、その男の娘はCに分類できる場合が殆どなので、つまりは性的指向は女に向かっていることになります。



B:クロスドレッサー型
1.性自認が男
2.性的指向は問わない
3.趣味として女装をする

例: 志木秋巳(恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐHしちゃうの) 河井空(ツイ☆てる) 美島エドワース玲(Cloth×Close ~ボクがくぃ~ん!?~)

解説: あくまで男性として、女装を楽しんでいるキャラです。常に女装をしているキャラはあまり居ないのではないかと思います。
ただ、このタイプのキャラは例にあげた3人くらいしか私は知りません。とはいえそもそも、このタイプのキャラの多くは"男の娘"という括りに入らない場合が多いのではないかと思います。ひと目で男性が女装しているとわかるようなキャラが多く、そのようなキャラは"男の娘"としては扱われないからではないかと考えています。
話を戻すと、このタイプのキャラの多くは、ヒロイン側として登場することが多いでしょう。そのため、性的指向は男(主人公)に向かうことが多いでしょうが、特に性的指向が向かう先を男に限定する意味はないので、問わないことにしています。蛇足ですが、女性主人公で、このタイプと思われるキャラがヒロイン側にいるアダルトゲームがあったと記憶しています。



C:トランスジェンダー型
1.性自認が女
2.性的指向は問わない
3.女性として女性の服装を着る
4.性的違和があるorあった

例: 渡良瀬準(はぴねす!) (はぴねす!りらっくす) 鴎屋宙(ツイ☆てる) 神倉渚(ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~)

解説: 身体の性は男ですが、女性として生きているキャラです。そのため彼女達は、常に女性の格好をしています。
このタイプのキャラは、ヒロイン側として登場することが多いと思います。そのため、性的指向は男(主人公)に向かうことが多いでしょうが、特に性的指向が向かう先を男に限定する意味はないので、問わないことにしています。
また、トランスジェンダー型と言っていますが、自身の性器に対する嫌悪感が強いトランスセクシュアルである場合もあるでしょうし、加えて性同一性障害の診断を受けている場合もあるでしょう。ただ、トランスジェンダー型であることを物語上有効に使っている作品はあまり見受けられないです。あまり本格的にこの問題について描こうとすると色々と大変なのでしょうか、渡良瀬準は物語で多少触れられていますが特に専門用語などはでてきません。単なる娯楽作品ですからそれでもいいのですがね。



D:性分化疾患型
1.性自認は問わない
2.性的指向は問わない
3.性表現は問わない
4.身体の性が曖昧である

例: 広場まひる(ねがぽじ ~お兄ちゃんと呼ばないで~)

解説: 男の娘としては特殊な部類だと思います。
いわゆるインターセックスのことですが、中間の性という意味合いが出てしまうのを嫌う現実世界の当事者達は、性分化疾患(Disorders of sex development)からDSDと呼ぶ場合が多いです。
詳しくはPart.2の広場まひるの項を見て欲しいのですが、身体の性を構成する要素の一部または全てが典型的な"オス""メス"ではないので、どちらかに峻別できない人を指します。
その上で、DSDに当てはまる男の娘はというと、広場まひるしか私は知りません。ただ、ふたなりキャラはこれに該当するとも言えないこともないのですが、ふたなりキャラですから男の娘ではないというのと、ふたなりキャラはあくまでDSDから着想を得たであろうフィクションの産物です。



以上、男の娘(+女装属性を持つキャラ)の分類分けを示してみました。
ここでひとつ注意なのですが、100%Aに当てはまるキャラもいるでしょうが、そうではなく例えば 8割A 2割B というキャラも居ても普通だということです。
つまり、A~Dどれかにぴたりと当てはめるのではなく、A~Dの要素がどの程度あるかを考えて欲しいと思います。
また、このどれにも当てはまらないorもっと色々なタイプがあるのでは?と思われるかも知れませんが、あくまで私の知っているキャラを分類分けするとこんな感じかな、という程度のものです。
そしてなにより、私が勝手に考えたものですし、穴のある分類分けかもしれませんことをご了承下さい!(*_ _)
※ご指摘等あれば是非お気軽に!

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
スポンサーサイト
[ 2011/10/27 19:13 ] 女装キャラ(男の娘)話 | コメント(0) | TB(-)

Part.12 男の娘の構成要素~ジェンダー的視点から~

さてさて今宵も各女装キャラクター(男の娘)を色々弄繰り回してやります!テヘヘッ(*゜ー゜)>
ネタバレはなるべくしないようにはしていますが、説明の都合上必要な場合もあるので、ご注意を!

※各構成要素については初回を参照して下さい
※男の娘の構成要素解説はあくまで私の考えなので、制作者の意図とは違う可能性もあります


神倉渚 「ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~」
身体の性:男
性自認:女
性表現:女
性的指向:?(両方?)
性的違和:有り
女装理由:彼女にとっては、女性として女性の格好をしているだけである
身バレ:姉以外にはバレていなかったが、後に主人公にも(ルートによっては他キャラにも)
適当解説:彼女自身は自らを女性だと言い、姉の妹であると自認している。元々病弱でまともに女学園に通っていないので、周囲にはマジョリティの女性だと思われている。自らの性器に違和感があるかは微妙なところ。トランスセクシュアルというよりは、トランスジェンダーだと思われ、性同一性障害かはわからない。なので、"女装"キャラというわけではない。性的指向は主人公に向けた場合しか描かれていないので、男だけなのか両方なのかはわからない。

河井空 「ツイ☆てる」
身体の性:男
性自認:男
性表現:基本的に男
性的指向:?→男
性的違和:無し
女装理由:姉に女装させられていたが、本人も多少はノリ気だった?その後、主人公の為にするように
身バレ:身バレもなにも普通に男として生活している
適当解説:主人公が女性だと見紛う容姿をしているが、本人はごく普通の男性。ただ、その容姿のために昔から姉におもちゃにされて女装させられていたようで、あまり女装することに抵抗がない。彼のルートでも、最後まで彼は男性という自認のもとに主人公を好きになっている。なので、主人公を好きになるまではわからないが、好きになった時点で彼は同性愛者ということであろう。女装という観点からみると、女装することで興奮もするようで、またある程度好んで女装する節もあるので、クロスドレッサーであろう。とはいえ、なにぶんこのゲームは描写不足過ぎる。

|Д´)ノ 》 ジャ、マタ
[ 2011/10/17 17:15 ] 女装キャラ(男の娘)話 | コメント(0) | TB(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。